誤読と曲解の読書日記

読書の感想を書く日記です。あと、文具についても時々。

さまざまな思いが胸にグサグサと #買って良かった2020

さまざまな思いが胸にグサグサと #買って良かった2020/『100分de名著 ブルデュー ディスタンクシオンNHKテキスト:目次

  • 買って良かった本2020
  • それは本当に「自分の自由な意思で選び取ったもの」なのか
  • これってもしかして! と気づく
  • 刺激的で、世界を把握する解像度がグンと上がる
  • 参考リンク

※この記事は、はてなブログ今週のお題、「 #買って良かった2020 」に参加する記事です。

買って良かった本2020

 #買って良かった2020 、読書ブログらしく2020年に買って読んだ本の中から一冊を挙げたい。

 それは『100分de名著 ブルデュー ディスタンクシオンNHKテキストである。

 NHKEテレに『100分で名著』という番組がある。毎月、一冊の「名著」を専門家が読み解き、その内容をやさしく解説してゆく番組である。

 本書はこの番組の2020年12月のテーマとなった、フランスの社会学ブルデューの著書『ディスタンクシオン』を解説するテキストである。解説をするのは立命館大学大学院教授で社会学者の岸政彦氏。

f:id:nobitter73:20210107194028j:plain

 個人的には「社会学」とは無縁の人間である。わたしの通った大学でも「社会学」関連の教養科目があったかもしれないが、それらの科目をとったかどうかさえも忘れた。それくらい、わたしと「社会学」とは接点がない。

 本書を知ったのは、Twitterでフォローしている岸政彦先生のTweetだ。岸先生のRetweetや書店関係のTweetで、とにかくいろんな人が本書を誉めそやしていたので、ならばひとつ読んでみようと思い立ったわけです。

 いわば、岸先生による盛んなRetweet爆撃とも言えるセルフプロデュースに、ものの見事に負けたのでありました。


※以下、ネタバレ的な要素が含まれている場合があります。

続きを読む

ムーミン的な世界とは異なる不穏さ/冨原眞弓=編・訳『トーベ・ヤンソン短編集』ちくま文庫

ムーミン的な世界とは異なる不穏さ/冨原眞弓=編・訳『トーベ・ヤンソン短編集』ちくま文庫:目次

  • 睨みつけるような目つきの犬
  • 連中が放つ野生の獣の臭気
  • 「あいつら、あのよそ者たち」の影
  • 参考リンク

睨みつけるような目つきの犬

 『ムーミン』の生みの親として知られるトーベ・ヤンソンの小説家としての一面を見せるのが本書である。本書はトーベ・ヤンソンのあまたある短編小説から選りすぐりを集めたベスト盤的な一冊。

 何度もアニメとなった『ムーミン』、わたしもアニメ作品を楽しんだひとりだ。ムーミントロールを取り巻く家族や友達とのピースフルで楽しい日常を描いた物語であるとの印象が強い。

 本書を読んでいくうちに、トーベ・ヤンソンは平和なムーミンの世界だけに止まらない奥行きを持った作家であると感じられてくる。

 本書の表紙はヤンソン自身が描いたものだ。そこには明らかに未成年と思われる少年が眉間にしわを寄せてタバコを吸い、睨みつけるような目つきの犬の姿も描かれている。

 これだけで本書はムーミン的な世界とは異なる不穏さが漂っているとわかるだろう。

※以下、ネタバレ的な要素が含まれている場合があります。

続きを読む

液体糊をめぐる冒険

液体糊をめぐる冒険:目次

  • スティック糊やテープ糊の環境負荷を考える
  • テープ糊、プラスチックの部品の割合が多すぎないかと
  • 糊を買いに文房具屋さんへ

スティック糊やテープ糊の環境負荷を考える

続きを読む

歴史修正主義と向き合うために/吉田裕『日本人の歴史認識と東京裁判』岩波ブックレット

歴史修正主義と向き合うために/吉田裕『日本人の歴史認識東京裁判岩波ブックレット:目次

  • 歴史修正主義への反駁
  • 戦前・戦時中の親米的なまなざし
  • 一方的な押し付けではなく、日米合作の政治裁判
  • 東京裁判史観克服論」の根本的矛盾
  • ネットの情報に右往左往することなく
  • 参考リンク

歴史修正主義への反駁

吉田裕『日本人の歴史認識東京裁判岩波ブックレット

歴史修正主義とどのように向き合うべきか」というフレーズに惹かれて読んでみようと手に取った。現代史における東京裁判の位置付けを行い、いわゆる「東京裁判史観克服論」を検証することで、歴史修正主義の限界を見てゆく一冊。2018年11月に行われた著者の講演に加筆したもの。だから、読みやすくてわかりやすい。

本書ではアジア・太平洋戦争に対する歴史認識東京裁判、そして歴史修正主義を考える上での基礎的な知識と今日的な見解を押さえることができる。具体的には「東京裁判の判決は連合国からの一方的な押し付けだ」、「GHQは『ウォー・ギルド・プログラム』を通じて日本人へ洗脳工作を行った」などといった歴史修正主義者の唱える俗論に対し、近年の研究成果を踏まえた上で反駁してゆく。

以下、各章で印象に残った点を紹介する。

続きを読む

正直、何が評価されたのか/今週のお題:わたしの自由研究

正直、何が評価されたのか/今週のお題「わたしの自由研究」:目次

  • 橋やトンネルの数
  • なぜか入賞してしまった自由研究
  • 人々はなぜ「自由研究」を苦手とするのか?
  • 自由研究とは何か?
  • 大人になっても「自由研究」している人々

※この記事は、はてなブログの「今週のお題」に参加するものです。

橋やトンネルの数

小学生だったわたしは、メモ帳と鉛筆を手に父親の運転する車の助手席に乗っていた。後部座席には母親と兄弟。車は宮崎県と鹿児島県を結ぶ高速道路を鹿児島方面に向かってひた走っているところだ。

川にかかる橋がやってくるたびにわたしはメモ帳の「正」の文字を一画足してゆく。あるいはトンネルに入るたびに「正」の文字を一画足す。わたしは橋のひとつ、トンネルのひとつでも記録しようと、常に前方の風景に注意を払っていた。またひとつトンネルが近づき、わたしはメモ帳に線をひとつ書き加える……。

これは小学生だったわたしがまさに自由研究をやっているときの様子です。夏休みに行われたささやかな家族旅行のついでに、旅行中にどれだけの数の橋やトンネルと遭遇したかの数をカウントし、それを自由研究として発表したことがある。

続きを読む