読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誤読と曲解の読書日記

読書の感想を書く日記です。あと、文具についても時々。

生まれて初めて万年筆を買った〜無印良品:アルミ丸軸万年筆

文具

生まれて初めての万年筆

生まれて初めて万年筆を買った。

万年筆といっても高級品ではなく、無印良品のアルミ丸軸万年筆である。価格は1本1000円あまり。

安価なものだが、自分のお金で買った初めての万年筆でもあるし、万年筆を所有すること自体がほぼ初めてなので、身の丈にあったものだと、それなりに満足している。


万年筆を使うのは初めてではない。記憶が曖昧だが、小学生か中学生の頃、親の万年筆を使わせてもらった覚えがある。しかし、その頃の自分が万年筆を使いこなせるはずもなく、「なんだか面倒なペンだなあ」という印象を抱いただけで、それから万年筆を手に取ることもなかった。

ただ、万年筆に興味がなかったわけではない。万年筆は「大人が使う高級品」というイメージを長い間抱いていた。そのために万年筆への憧れはあっても、自分にはまだ無縁の、遠い将来の時点で手に取るかもしれないもの、という存在だった。

手書きのいい相棒となる予感

ところで最近、手書きの機会を増やしているが、自分の悩みは強い筆圧である。どんな筆記具を使うときも、とにかく筆圧が強く、すぐに手や腕が疲れていた。それがこれまで手書きから遠ざかっていた要因のひとつでもある。

そんな時、万年筆が弱い筆圧でも書けるという話を聞き、それから少しずつ万年筆の情報を集めた。そこで万年筆といってもリーズナブルなものもたくさんあるということを知り、初心者の入門編として(それが適切なものであるかはわからないが)、無印良品のアルミ丸軸万年筆を購入しようと思い立ったのだ。

このブログの文章は、草稿をノートに鉛筆で書いているが、今回はその万年筆で書いてみた。

まだまだ万年筆に慣れていないということもあるが、書き心地はなかなか悪くない印象だ。もちろん自己満足の要素もあるし、初めて万年筆で長い文章を書くという高揚感もあるのだが。それに筆圧についても、ぐっと手や腕に力を入れることもなく、軽いままで文章を書けるのがいい感じである。

しばらくは、この万年筆が鉛筆とともにいい相棒になってくれるだろう。


twitterのアカウントは、nobitter73です。